クオリティの高い文章に直すために専門性の高い文字起こし業者を発見

レディー
  1. ホーム
  2. 対話の全体をとらえる

対話の全体をとらえる

婦人

誰かにインタビューをした場合、ICレコーダーで取材の内容を正確に記録するのが鉄則です。一言一句間違えないために、その時間会話をした内容を徹底的にチェックすることで、正確な内容の記事が作成できます。しかし、問題なのが文字起こし作業です。対話の相手によっては癖の強い話し方、あるいは方言を用いている場合があるので、苦戦してしまう場合があります。その日に取材した内容を一言一句漏らさず記事に書き留めておきたいなら、文字起こしのテクニックを把握しておきましょう。

まず、重要なのが全体を把握することです。自身で取材を行なっている場合は、全体を掴んでいることもあり、どんな内容かをICレコーダーで聞いていくとどんな内容かを鮮明に思い出せます。この際に、滑舌や方言で不明なところが出てきたところをわかるまで何度も聞き入ってしまう人もいます。同じ箇所を何度も聞いてしまうと、理解するのに時間がかかってしまうので、できるだけ後回しにしましょう。全体を把握すれば、文字起こしで文章の形を鮮明にしやすいです。細かな箇所は全体を把握した後に忍耐強く聞き続けるのがおすすめです。

すぐにでも、取材した内容を文書化したい場合は、自力での文字起こしをすれば短時間で記事作成を済ませられます。もし、自力でやっても効率よくいかない、あるいは変な内容の文体になってしまうのが気になるなら、専門の文字起こし業者を頼るのが望ましいです。業者によってはスピーディーに処理をしてくれます。